美肌を維持するために日ごろから大切にしているケア

女性は誰もが美肌に憧れるものです。では、私が心がけている日ごろの美肌ケアについてお伝えしましょう。
1、お肌の状態に合わせた洗顔と整肌
お肌は生きているので日々の状態が違います。ストレスを感じると油分がでてきたり、乾燥に傾いたり、ホルモンバランスでも変化をします。だからこそ毎朝の肌状態チェックをした上で洗顔や整肌をします。例えば朝乾燥しているときは洗顔はぬるま湯のみの洗顔にして整肌は保湿タイプの化粧水や乳液を丁寧になじませます。逆にべたべたするときは洗顔フォームで洗い、お肌を整える化粧水をなじませます。敏感になっているときは水で何十回もパシャパシャ洗い、化粧水を浸したコットンを顔に張り付けるローションパックをするなど日々の肌チェックとそれに合わせたケアはとても大切です。
2、お肌を触るときは高級な果物を触る強さで
お肌には神経や繊維など大切な成分がたくさんあります。だからこそ丁寧に触る意識をします。パンツのゴムのように何度も履いたりするとだんだんゴムが伸びてきてしまうように顔も何度もパンパン激しく扱うとたるみの原因ともなりえます。また、心臓より重力に逆らった上にあるため栄養を運びにくい部分でもあります。栄養が十分だともとに戻ろうとする力が十分働きますが、十分いきにくい顔はその力が衰えやすいです。だからこそ日々の扱い方をかなり心がける必要があります。
3、家に帰った時は即化粧を落とす
お化粧は基本的にお肌によいものを使いますが、それでも本来はつけないものをつけているので家に帰った時は化粧オフをすぐに行います。そうすることでお肌を自然な状態に開放してあげます。休日もUVはつけたとしても基本的にはノーメイクでお肌を休めることも行います。
以上が私の日ごろのお肌ケアです。今は30代に見られる40代を目指しています

自分の肌で水素が発生する

歳と共に、肌のバリア機能は弱まり、汚染された外気や紫外線など様々な刺激によって
肌は、どんどん痛めつけられます。
そのうえ、肌深部にあるコラーゲン細胞は働きが弱まりシワ、たるみ、乾燥が激しくな
っていくんですよね。

そうやって、肌は外から中からとストレスをうけ活性酸素が大量に発生して、大事な肌
細胞を含むすべての細胞が酸化していくんです。
そして、老けるんです。

そこで、最近話題になっている「水素水」。
これを飲むことで、体内で発生してしまったにっくき活性酸素を除去し美や健康を維持
できるわけですよね。

そんな水素を、肌の上で発生させることのできるクリームがあるってご存知ですか?
顔はもちろん全身の肌に塗る事が出来て、肌の水分と混ざり合うことで水素が肌の上で
発生するんです。
あらかじめ、肌をしっかり保湿してそのうえにこのクリーム(アンチオキシデイションバーム)
を塗れば、その水素発生率はさらに上がるのだとか。
肌の上で水素が発生して長時間、紫外線や外気などの刺激により発生する活性酸素を攻撃
し続けてくれるから肌は健康な状態に保たれるんです。
自分の持ってる美容オイルなどにも混ぜて使えば、化粧下地にもなるので、私はそうやって
使っていますが、夜の洗顔時、肌がとっても柔らかく保たれていることに気づきます。
もちろん入浴後のスキンケアにも使用しているのですが、翌朝は顔がぷるんとして若々しく、
気になっていた赤も減ってきています。
ニキビなどの炎症にも効くようですよ。

お肌のお手入れ

エステサロンで購入した美顔器(20万くらいでした)を使用しています。
10年前に買ったもので、機能が3つついていて、シミ、たるみ、ニキビ、ニキビあと、シワなどに効果があります。
週一で10分ほど使っているのですが、若い時にニキビで悩まされていたときに購入したのですが、3ヶ月ほどでキレイになりました。
今はニキビあと、シミがでてきてしまったため、そのお手入れに使っています。マイクロカレントという電気を使うのですが、少しピリピリ感じるくらいで、きもちがいいです。
シミは少し時間がかかったのですが、今半年くらい集中してやっていて、少し薄くなってきました。それだけでなく、お手入れ後は顔もムクミがとれスッキリするためやせた?と言われることもあります。
お化粧品は、同じエステのものを使うとよいといわれたのですが、化粧品だけでも高いため(1本1万前後)化粧品は市販のものをつかっています。
ただ、クレンジングは角質を落としてくれるのが好きで、そのエステのクレンジング(5000円)をつかっています。
毎日夜のみで3分ほどの洗顔でポロポロと古い角質がおちてくれます。洗顔後は肌色もあかるくなり、そのあと美顔器でお手入れすると、ジェルの浸透がいいらしく、肌もモチモチしてきて保湿効果が高いようです